RETURN TO THIRD MOVEMENT! Vol.1 @札幌 PENNY LANE 11/26

書こう書こうと思っていたが、年が明け三週も経とうしているが去年見たライブのレポを書きこうと思います。思うな。

同じバンドを年に2回見るのはそう無いので嬉しいですね(前回は4月のユニゾンとの対バン)。セットリストのコンセプトも変わりますし。本当は7月のアルバムツアーも行きたかったんですけどね。残念でした。

f:id:doramichang:20180120193534j:imagef:id:doramichang:20180120234015j:image

というわけでRETURN TO THIRD MOVEMENT! ツアー初回は「Please Mr. Lostman」「LITTLE BUSTERS」の2枚の再現。

全公演ソールドで自分の整理番号もほぼ最後尾だったので開場時間に会場に着いたものの入場が始まったばかりなので雪が降りしきる中立ち尽くす。まあこの時間が長く感じる。

 

普段のSEよSALON MUSIC「Kelly's Duck」ではなく当時のSEである同「Stompin' Wheel」が流れる。もうはしゃいじゃうね。

 

不穏なベースリフから始まる「STALKER」で幕が開き間髪を容れず「TRIP DANCER」へ。大好きなイントロでリフで歓声を上げてしまう。その後も「彼女は今日、」「ICE PICK」「ストレンジカメレオン」等名曲を立て続けに浴びせられノックアウト寸前。タイトルトラック「Please Mr. Lostman」で締め。

普段のライブではハイライトに据えられる代表曲と数年ぶりに演奏されるレア曲を惜しげもなくばら撒き前半は終了。この時点で普段のライブ並みの満足感があった。

 

長めのMCを挟み後半へ。「Hello, Welcome to Bubbletown’s Happy Zoo(instant show)」のディストーションギターが響き否応無くテンションが上がる。前半にも増してキラーチューンを立て続けに叩きつけられる喜びに打ち震える。

定番曲「Blues Drive Monster」、「アナザーモーニング」「ONE LIFE」から当時のアルバムツアーでも途中からセットリストから外れた「THAT HOUSE」やひたすらに暗い暗いオリジナルバージョンに寄せたアレンジの「black sheep」のもう2度と聞けないであろうレパートリー。ハイライト中のハイライト、「HYBRID RAINBOW」「LITTLE BUSTERS」で後半も終了。ストロボで目がチカチカする。

 

アンコールは会場限定シングルの「ぼくのともだち」直前のMCで話した山中さわおの親友、岩田コウジとの思い出話を語るようなノスタルジックな序盤からひっくり返すようにオルタナギターが響く二面性のある曲だった。続いて「東京でできた友達の歌」と「cherry」。

興奮冷めやらぬダブルアンコールは25周年以降定番となった「About A Rock’n’Roll Band」これで終わり方と思われたが「イヤモニの調子が悪い」と山中さわお。不完全燃焼だったとのことで急遽「Locomotion, more! more!」へ。何度目かの今日一番の歓声が上がる。俺も上げる。

期待以上の本編にハプニングによるオマケも付き、顔が緩みっぱなしのままドリンクチケットをビールに変え会場限定シングルを買いに物販へ。アナログ盤も欲しいな。

 

途中MCで発言した「vol.2はもう決まってる。」の通り終演後の会場にはポスターが。年が明け詳細も発表され5月6月に行われるとのこと。

次回は「RUNNERS HIGH」「HAPPY BIVOUAC」の全曲再現。今年公開予定のフリクリ2でも使用されるであろう曲が多数収録されている上、タイミングがよければフリクリ2の主題歌もアンコール枠で聞けるかもしれない。

興味があればお近くの会場でぜひ。

f:id:doramichang:20180120231901j:image

 

以下拾い物のセットリスト

01.STALKER

02.TRIP DANCER
03.Moon is mine
04.彼女は今日,
05.GIRLS DON’T CRY
06.ICE PICK
07.ストレンジ カメレオン
08.Swanky Street
09.SUICIDE DIVING
10.Please Mr. Lostman
11.Hello, Welcome to Bubbletown’s Happy Zoo(instant show)
12.Blues Drive Monster
13.アナザーモーニング
14.ONE LIFE
15.THAT HOUSE
16.Black Sheep
17.Nowhere
18.パトリシア
19.like a lovesong (back to back)
20.ハイブリッド レインボウ
21.LITTLE BUSTERS
(encore-1)
22.ぼくのともだち
23.cherry
(encore-2)
24.About A Rock’n’Roll Band

25.Locomotion, more! more!